IL LOSA〜心も笑顔に、イルローザ

素材へのこだわり

「心も笑顔に」厳選した素材で手間ひまかけて、おいしいお菓子をつくっています

木藤ゆず

木藤ゆず

香味の強いゆずが採れ「日本一のゆずの里」と評される木頭ゆず。
旧木頭地区は剣山の中腹に位置し昼夜の寒暖の差が激しいため、香味の強いゆずが採れると言われています。
イルローザでは旧木頭地区で無農薬・無化学肥料で育てられた特別栽培のゆずを使わせていただいています。

木藤ゆず

徳島市内から車で約2時間半、旧木頭村西宇地区。
11月上旬に訪れると、畑の木々には黄色いゆずの実がたくさん実っていました。

また、 果汁の搾り方も “手搾り” にこだわっています。
機械搾りに比べると “手搾り” は果皮のえぐみが混じることなく、まろやかで香り高い風味が感じられます。

木藤ゆず

木頭では昔から各家庭でゆずを手搾りし、保存して一年中料理に使っています。
木頭で育った社長の岡田も幼い頃からこの手搾りのゆずに親しんできました。
→イルローザと神山森林公園イルローザの森

11月になると、こうして搾られたゆずの果汁とともに果皮が日々届けられます。
木頭ゆずの収穫は11月上旬から霜がおりるまでの約ひと月。
この間、もぎたてのゆずが届けられると社長も(!)含め、本社スタッフ総出で、ゆずの皮の下処理をし、シロップ漬けにして自家製ピールを作っていきます。

木藤ゆず

ゆずの果皮の下処理をする弊社社長の岡田。
香りを最大限に活かすためには鮮度が何よりも大切。
木頭の山から果皮が届くとパティシエだけでなく、スタッフ総出で下処理を行います。

ひと手間もふた手間もかけたこのゆずピールは、木頭ゆずのマンマローザやさまざまな季節のお菓子に仕立てていきます。

木藤ゆず

下処理をしたゆずは下茹でして灰汁を抜き、グラニュー糖で焚きます。
この工程を3回繰り返し、自家製ピールが完成します。

ジュレ徳島 木頭ゆず

木頭ゆずの
マンマローザ

ジュレ徳島 木頭ゆず

ジュレ徳島
木頭ゆず

素材へのこだわり